■G-T Complexセミナー(基礎過程・1年)

GとはGravity(重力)、TとはThermodynamics(熱力学)、Complexは複合体で、重力熱力学複合体を意味します。この講座では、SCTの基礎となる重力系・熱力学系・高次元系と生命体との関係を、Factor分類として理論的に学びます。

又、生命体を3次元ベクトル分析するとともに、本来備わっている体質をも分析可能にしたType分類を、Factor分類と統合させた創術オリジナルの徴候分析を学びます。

実技においては、重力系・熱力学系を同時に鑑別 ・施術していくテクニックを学びます。これらは、All-Around Curerの基礎となる大事な概念ですから、必須となります。

■症状別セミナー(応用過程・2年)

G-T Complexセミナーで学んだことを踏まえて、具体的な症状への応用です。ぎっくり腰・五十肩・上肢のしびれ・坐骨神経痛・寝違い・むち打ち・肩こりなどを予定しています。

■上級セミナー

各症状に対する診断・治療をチャート表にまとめ、よりスムーズな治療を可能にします。さらにレベルの高い新たなテクニックを加えることにより高い対応力・治癒率を身に付けていきます

■アドバンスセミナー

高次元由来の病態、もしくは高次元的施術方法の習得。
All-Around Curerの最終目標とする分野ですが、個人の資質・能力あるいは志向にもよります。現在、具体的な内容を検討中で、3年後程度を目標に開催予定です。

■合宿セミナー

支部の会員が一堂に会して2日間に渡り、テーマを設けてセミナーを行います。又、懇親会などもあり、会員同士の情報や意見交換等の交流が行われます。

■合同セミナー

支部の会員が一堂に会して、テーマを設けたセミナーを行います。セミナー以外でも、日ごろの悩みや疑問などを各レベルの先生と話し合う機会もあり交流が行われます。