セミナーの特徴

(1)充実した理論で痛みとは何なのかを知る


テクニックのやり方だけでなく「なぜそうするのか」を理解してイメージしながら施術すると、効果が飛躍的に向上します。

(2)学んだ翌日から患者さんにすぐ使える手技療法


トリプルSにより、学んで即、臨床で患者さんに直接使えるので、実戦での経験をどんどん積んでいけます。

(3)徹底した実技指導


セミナーでは、カラー写真による解説→講師のデモンストレーション→受講生の実戦→講師が個別にクセの矯正・ポイント確認、の手順で徹底指導いたします。

(4)完璧なフォロー体制


セミナーを受講し臨床で使っていくと、当然、様々な疑問・質問が出てきます。これらはセミナー時に聞いていただくか、もしくは講師に電話・メール・FAXで質問できる体制を取っております。又、希望者には各回セミナーのビデオ・DVDも販売しておりますので、多角的な学習が可能になっております。
「どんなに小さなことでも、疑問点はそのままにしない」。これはSCTセミナーのモットーであり、マスターのための必須条件です。

(5)どんな施術体系にも導入可能


SCTテクニックは柔整・鍼灸・マッサージ・カイロプラクティック系その他どんな施術体系にも導入できます。構造・機能・高次元全ての要素が含まれていますので、SCTをそのまま使っても良いですし、今使われている施術に弱点を補う範囲で導入することもできます。